婚約指輪とはどのようなものか

必ず贈らなければならないものか

婚約指輪は結婚を決めたカップルの男性側が女性に贈る指輪です。その歴史ははるか昔古代ローマ時代にさかのぼり、日本にその習慣が広まったのは1960年代です。以前は結納の場で渡されるもののひとつとして考えられていましたが、最近ではプロポーズの際に贈られることが増えています。
婚約指輪はこれから先変わらない愛の約束であり、誓いといった意味がありますが、必ずしも贈らなければならないというものではありません。しかし、結婚指輪と同じように婚約指輪に大きな憧れや大切なイメージを持つ女性も多いでしょう。また、何よりこれから一緒になる2人の記念にもなります。手渡された女性が喜ぶ顔を思い浮かべて、男性にはぜひ用意してもらいたいものです。

どんな指輪がいいのか

最近では女性の好みに合わせて様々な宝石をあしらった婚約指輪が扱われるようになりましたが、やはり一般的なのはダイヤモンド。ダイヤモンドの宝石言葉は変わらない愛、まさに婚約時の宝石にふさわしいものです。また、地球上で最も硬い鉱物であるその硬さ、さらに光り輝くその美しさから、永遠の愛、純真な気持ちを表すとも言われます。世代を問わず女性に人気があるダイヤモンドならば、きっと喜んでくれるに違いありません。
とはいえ宝石付きの指輪はお手軽に買えるものではありません。以前は予算は給料の3ヶ月分と言われていましたが、最近の購入者の平均金額は33万円程度と言われています。女性の好みを考慮しつつ、予算に合った大きさ、デザインのものを選びましょう。

銀座には宝飾店がたくさん立ち並んでいるので、結婚指輪を銀座で購入するカップルが多くいます。色々なブランドを比較できるのでお勧めの場所です。

© Copyright Results Love. All Rights Reserved.